先日、テレビから「やまとたけるのみこと」の言葉が耳に入りました。懐かしいお名前でしたので、ネットで調べだら、日本武尊でした。

懐かしい思い出が浮かんて来ました。長男生後三ヶ月ごろの事でした。

長男誕生100日の日、主人が私と3ヶ月の長男を日本海の海岸に連れて行きました。主人は海に入って泳ぎました。

私は長男を抱いて海のすぐ傍を歩いて行ったり、来たりしました。

その時、上下緑色の服を着ていた男性が傍に近づいて来ました、「赤ちゃんを抱かせてください」と私に頼みました。

私は長男を両手で渡して、彼は両手で受け取って、赤ちゃんの顔を見て口から何かおっしゃたようでした。
4~5分経ちましたけど、子供をまだ返してくれる様子が無いので、わたしは心配しはじめました。「赤ちゃんを帰して」、
と私は両手を伸ばしました。すると彼は優しく返してくれました。
私は「あなたは子供に何か言いましたか?」と聞きました。彼は「この子が絶対に幸せになることをお祈りしました。」
と言ったので私は感謝の気持ちで一杯になりました。
そこで「あなたのお名前を教えてください」とお願いしました。彼は「やまとたけるのみことです」と答えました。

お名前が長いので、私は覚えるために「やまとたけるのみこと」と繰り返して言いました。

彼は「日本人に聞けば皆知っています」とおっしゃて、海の海岸から去って行きました。

どうも ありがとうごさいます!日本武尊!あの子はお蔭様てもう二十二歳になりました!明治大学4年生です!

これからも宜しくお願いいたします!